出会い系で会ってみたショップ店員とのホテルイン

本ページの情報は2022年3月27日時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

出会い系サイトPCMAXで募集している女性の多さに驚きましたが、
ホテルの近くで募集してみようかなと思っています。

普段は利用しないのですが、自分も募集してみました。
私は〇〇から来たのですが、会える女の子はいますか?という簡単な募集でした。

さすが東京、3人の女の子からメールが届きました。

人妻、フリーター、ショップ店員の3人でした。

私は、顔写真を送ってくれた店員のれいこを選び、待ち合わせ場所を確認した。

夜8時、僕にとってわかりやすい地下鉄の駅の出口で待ち合わせをすることになった。

お互いに服装を伝え、私はタバコを吸いたいのを 我慢しながら待っていた。

目の前を歩いている女性が気になって仕方がない。

ドキッとしました。
携帯にメールが届く。

現れたのはヒールを履いた美少女だった。

彼女は近所で空いているホテルを知らないというので、 タクシーでホテルへ向かった。

僕も軽く酔っていたので、車内で何を話したか覚えていないが、 ホテルに着いて一服しながら自己紹介をし、彼女が一緒にシャワーを 浴びてくれるというので、嬉しくなった。

出会い系はよく使うの?」 「あんまり使ってないかな」

86.58.85の身体は本当だ🥰 、シャワーで身体を洗ってもらうと、
れいこちゃんの胸がオレの胸にふれてきた。
勝手に胸を触ると、彼女は「キャ…まだちゃんと洗ってないんだ」と、
怒らずに恥ずかしそうに微笑んだ。

ベッドの上では、れいこにキスをして、たっぷり前戯をした。

彼女は明らかにオレのクンニを感じていて、少し震えて小さな声を出していた。

暗い部屋の中でも、れいこのアソコが濡れているのがわかりかわいかった

「オレのを舐めてくれる?」
「舐めるの好きなんだ。」

なんでも、元カレに「竿を舐めてイカせて、袋を舐めて逝かせないように」 と調教されたようです。

これが実によく効き、オレが最大に達しようとしたとき、れいこはオレにゴムをつけてくれました。

彼女は感じちゃうくらい濡れてた
れいこはベッドに仰向けに寝た(最初は騎乗位がよかった)。

「正常位がいい」

オレは覚悟を決めて、素っ裸でれいこのクリトリスを刺激していると、
れいこは少し息を荒げて、 オレの命令通り、太いももを広げてくれた。

「どこに入れるの?開けてごらん」
しぶしぶ自分のアソコを広げると、 中がピンク色になっていました。
とても締まりがよく、彼女に広げてもらったのは正解でした。
普通にやっていたら、時間がかかっていたかもしれません。

挿入後、私の腰の動きに合わせて、彼女の胸が一歩遅れて揺れました。
右指でクリトリスを刺激しながら、左手は乳首に、口はキスで覆われた。

声を出すこともできず、舌を絡めながら「ガッガッガッ」と声を出していました。
美女に意地悪したい。


「バックでやりたい」とリクエストし、再びれいこのアソコを広げさせる。
ちゃんとゴムをつけているか確認するため、私のを握らせる。

ゆっくり挿入してゆっくり入り口を責めると可愛い声を出し始め、
適当にバックまで入れてからやめる。


れいこも自然と腰を振り始めた。
右手でクリトリスを刺激しながら、時々お尻の穴付近に
大量のヨダレを垂らし、指先で触っていた。

彼女は驚いているようだった。

私がスパーッと激しく腰を突くと、彼女は上半身をシーツに乗せ、
枕を強く握りながらお尻を突き出しました。

私は抜いてれいこに私のをずっと握らせ、ゴムを外してシコシコと
私の背中に大量のザーメンを発射させました。


「気持ちよかった?」
「ん、外に出してくれてありがとう」

ベッドで少し抱き合って、シャワーを浴びる。

「仕事でこっちきたらまた会ってくれる?」

 

彼女とはライン交換して別れた。

出会い系サイトPCMAXであったれいこ26才にはまってます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました