出会い系で付きあった超かわいい処女の女子大生

本ページの情報は2022年4月3日時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。
社会人3年目の俺、恋人と別れ 仕事に励んできたが、やはり欲求は抑えきれない。 おれはある日、登録していた出会い系サイトPCMAXを開くと、 女性からのメッセが・・・ そこには、「私は本当にキスもセックスもしたことがありません。 こんな私でも好きになってくれませんか?」 というJDからのメッセージ。 顔はめちゃくちゃ可愛いし、 芸能人で例えるなら川栄李奈にそっくり、特に目が…。 俺は、すぐにそのJD、リエに連絡を取り、会う約束をした。 待ち合わせの日、喫茶店で待っていると、リエが現れた。 リエ「すみません・・・。 遅くなっちゃいました」 俺「全然大丈夫ですよ。」 そう言うと、リエが「よかった~ 」 と小さな声で呟くのが聞こえた。 軽く自己紹介をしてから喫茶店を抜け出し、 カラオケいって歌ってからリエの住むマンションに向かった。 「おじゃまします」。 ドアを開けると、甘く優しい女性の香りが鼻をつく。 俺靴を脱いで部屋に行くと、 きれいに整頓された部屋があった。 リエ「すわっててね。お茶だすんで」 と言って、急いで冷蔵庫に向かった。 俺がソファーに座ってテレビを見ていると、 おいしそうなハーブティーをいれてくれた。 柔らかい感じのハーブディーを飲んで、 交代で風呂に入った。 俺はリエの隣にいって、 その柔らかな頬に軽くキスをした。 リエ「照れるよ…」と顔真っ赤にしたリエを見て、 俺 「もう片方の唇に続けよう」と言い、 リエの唇に自分の唇を重ねた。 リエとキスしながら目を開けると、 リエは目を固く閉じていた。 リエから唇を離すと、 リエは首をかしげてこちらをちらりと見た。 俺「そんなに固くならないで…もっとリラックスして。」 俺はリエの耳元で囁いた。 リエ「先ほどから緊張して手に汗をたくさんかいています。」 緊張して汗がすごい。 俺「最初のHは痛いけど、できるだけやさしくするね。」 リエ「はい(笑)」 それを聞いて、俺、再びリエにキスをした。 リエをベッドに寝かせ、顔を見ながら胸を優しく揉みしだいた。 リエ「くすぐったい」、時々顔をそむけた。 俺はリエの服をゆっくりと脱がせて、 自分で服を脱いで、リエのアソコに手を伸ばした。 彼女は処女で、最初にアソコを触ろうとした時、 「だめ。そこ。」と言って、触ろうとした オレの手を掴みましたが、「大丈夫だよ」みたいなことを囁いて、 俺の手を離しました。 リエのアソコを触ってみると、 もうびしょびしょに濡れていた。 そのまま触り続けると、リエは「あ~…んんっ」 と気持ちよさそうな声を出した。 オレのチンポをオマンコに入れると、 リエの目は涙目になっていた。 俺は少しずつチンポを入れようとしていたので、 リエは「一息に全部入れて」と。 俺はそういうならと、一気に入れたら リエは痛そうな表情で「慣れてきてるんで動いても大丈夫よ」 とリエは言った。 数分後、腰を振り続けた後 リエ「まだ少し痛いんだけども・・・気持ちよくなってきた 」 と言い始め、徐々に喘ぎ声を出し始め、それを見た俺も少し速く腰を振り始めた。 結局、オレとリエは一緒にいった。 俺は、その後リエに付き合おうよと告白した。 もちろん、リエの返事は、恥ずかしいそうに 「私からもお願いします」とOK。 こんなかわいい子と付き合ってやれるようになるなんて 本当に幸せですね。 出会い系サイトPCMAX登録してよかった🤩 付き合ってからは、デートそっちのけで やりまくりである💕

コメント

タイトルとURLをコピーしました